ホーム>事務局の社窓から>子ども環境サミットin神戸

子ども環境サミットin神戸

2008年04月05日


「子ども環境サミットin神戸」の開催まで約50日と迫ってきました。今日は、子どもたちを迎える学生ボランティアの方々の研修に行ってきました。大人の方々に講演をしているのとは違い、学生さんの反応は予想を常に超えています。やはり、「守らなければいけない」モノが大人より少ないためでしょうか。

 学生の方々と話をしていて、せっかくのチャンスを何とか生かしたいという想いを共有できていることも素敵に思います。

そして、5月にサミットをするのはさらに「トラワレ」の少ない子どもたちです。さらに(いい意味で)予想外のことが起きる気がして、ワクワク感がさらに募ります。

(事務局 渡辺)

≪ 前の記事
花見
次の記事 ≫
桜散る