ホーム>事務局の社窓から>赤ちゃんに教えてもらったこと

赤ちゃんに教えてもらったこと

2008年05月09日


GWにおじゃました友達の息子さん、赤ちゃん(1歳2ヶ月)
には、いろんなことに気付かせてもらいました。
 
改めて、今思っていることの再確認や 昔自分が持っていた
はずの感覚を思いださせてくれました。ありがとう♪

赤ちゃんは、優しい大人が温かく見守る場所にいるときは、
間違いなく幸せだと思います。

幸せになる方法の一つは、目の前のことに集中して、
その一瞬を大切に生きることだと思います。
 
赤ちゃんは、遊ぶときもご飯を食べるときも、多分寝る
ときも泣くときも一所懸命でした。

食べるときの勢いが本当に凄く、次から次に手に取って一所懸命
に口に運びます。飲み込めないほど口に詰め込んでいました。

あと、みんなと笑顔を交すこと。

赤ちゃんもよく人のことを見ていて、一人で笑っている
わけじゃないと思います。
みんなが笑っていると笑うし、自分が笑って人の笑いを
さそってきます。

ほかにもたくさん気付かせてもらったのですが、

★目の前のことに集中して、今を大切にする。
★みんなでよく笑う。自分から笑顔で接する。

この2点が、普段私たち大人にこそ必要だと思いました。
どんなときもこれができていれば、きっとみんなが幸せで
いられるんじゃないかな。

目の前にいろんなことがあっても、こころ穏やかに笑顔で、
出来る精一杯の力で生きることを心がけていきたいと思います。

◆事務局スタッフ・大木