ホーム>事務局の社窓から>2代目のエコスフィアがやってきた!

2代目のエコスフィアがやってきた!

2010年03月04日


エコスフィアってご存知ですか?
ミクロコスモス(小さな宇宙)とも呼ばれる
NASAが開発した地球の生態系モデルです。
ガラスの密閉容器に水が3分の2ぐらい入っていて、
水藻と微生物とエビが入っています。
日光に当てて、温度が許容範囲であれば何年も生き続けます。

密閉されたガラス容器の中で、エビは水藻を食べ、エビの糞は微生物に
分解されて水藻の栄養となり、水藻はエビの出した二酸化炭素を吸って、
酸素を作り、それをエビが吸う・・・。
水は、微生物がいることで腐らずに保たれています。
エビと藻と微生物とが、ガラス球の中で完全な生態系をつくっているんですね。

エビがいなくなると食物連鎖が崩れ、水藻も死んでしまいます。
すると微生物も死んでしまい、水も腐ってしまいます。
大気、食物、水の循環がどれほど大切かを教えてくれます。

事務局では初代エコスフィアが昨年まで7年間生きていました。
エビの寿命が1~2年なので、何度か世代交代もしていたのでしょう。
最後の1匹がいなくなり、寂しかったのですが、
ついに3月1日、新しいエコスフィアが事務局に届きました。
長旅を経て届いたのはバレーボールぐらいの特大サイズ。
エビたちが30匹 元気に泳ぎ回っています。

アメリカのアリゾナから直接購入し、
メールのやりとりで数カ月かかり、遠方からの空輸でしたので、
無事に届いたときは、スタッフみんなでとても感激しました。

お近くに来られたときは、ぜひ一度見に来てください。

Ecosphere Associates Inc. ⇒http://www.eco-sphere.com/