ホーム>事務局の社窓から>ハイチ地震支援のすてきな話

ハイチ地震支援のすてきな話

2010年06月07日


今年1月に起きたハイチ地震。日本ではほとんど報道されなくなっていますが、最貧国での大規模な被害のため、他国での被害以上に復旧が遅れている現状が伝わってきました。

『地球村』では、医療支援のAMDAやセーブ・ザ・チルドレンを通じて募金活動を行っています。
ぜひ、ご協力をお願いします。

このことに関連して、最近知り合った大阪の女性ミュージシャン(naoco)さんが、
今年初めに起きたハイチ地震への支援で素敵な活動をされています。

最貧国の一つ、ハイチで起きた大地震の被災状況を知り、
個人でハイチ地震への救済のためのバッジを作って販売されています。

そのサイトはこちら

haiti地震バッジ

1個50円の制作費を200円で買ってもらい、その差額の150円と一個あたり15円を自分たちで上乗せして国境なき医師団に寄付しているとのこと。募金が増えれば増えるほど自分たちも沢山募金出来ると、考えたそうです。

その思いにうたれました。

半年以上たっても、ハイチでは日常生活に戻っていないそうです。

ぜひ、いろいろな形で協力をお願いします。