ホーム>事務局の社窓から>『地球村』土曜カフェ通信 vol.10

『地球村』土曜カフェ通信 vol.10

2011年02月22日


皆さんこんにちは!『地球村』事務局の高崎渉です!

2月19日(土)に、第5回『地球村』土曜カフェを開催しました!当日の様子をレポートします!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

今回のテーマは

”お買い物で世界は変わる!”
商品ラベルから見えてくる本当に賢いお買い物

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


普段何気なく買っている商品に付いている「エコラベル」のことを
もっと良く知ろう、という企画でした。


今回もたくさんの方に来ていただきました。
以前も参加していただいた方が半数以上も!こうしてリピートいただけることが嬉しいです。


まずは事務局スタッフの渡辺さんが、この日の企画についてをわかりやすくお話をしました。

IMGP0815s.jpg

 

さて、スタッフそれぞれが、準備したエコラベルクイズを出題!

クイズの答え発表すると、歓声があがり、ため息が漏れます。そのエコラベルの意味や、日本の現状を話すと「なるほど~」という声もしばしば。

IMGP0821s.jpg IMGP0861s.jpg IMGP0870s.jpg

 

IMGP0867s.jpg

 

出題する側も回答する側も、このクイズを通じて心が通い合うように感じました。

一緒に場を作っているって、こういう感じなんですね。


 

 

 

さて、クイズの中にこんな問題がありました。

IMGP0831s.jpg

この写真のマークは、ペットボトルに書かれているのをよく見かけますよね。

そのマークの数字「1」の意味はなんでしょう?

A.1回リサイクルした
B.材質の分類
C.品質NO.1

答えは「B.材質の分類」です。

「1回リサイクルした」という意味のように感じますが、ただ単に材質の分類なんです。

よく見かけていても、その意味を本当に知っているというのとは違うんですよね。

IMGP0834s.jpg

この後、ドイツから持ち帰ったペットボトルをみんなでみて、日本のペットボトルとの違いを探してみました。


「ドイツの方が容器が痛んでる!」
「容器が厚い!」
「ラベルが紙のシールだ」

日本のペットボトルと違って、ドイツのペットボトルは、洗浄して再利用(リユース)しているので、容器は厚く、ラベルは剥がしやすく、なんども使って傷だらけになっています。

こうすればゴミは確実に減るのに、日本ではほとんど減っていません。その理由も実物を見ると一目瞭然。

 

私たちの普段の生活について考える一日になりました。
 

IMGP0880s.jpg IMGP0885s.jpg

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● ● お知らせ ● ●

2月と3月の『地球村』土曜カフェは、みんなで『地球村』20周年講演会を作るスタッフミーティングで毎週開催しています。詳しくはこちら

『地球村』の活動や、NGOでのボランティア活動に興味のある方など、是非ご参加ください!