ホーム>事務局の社窓から>『地球村』ツアー第二弾 人を大切にする国 キューバ

『地球村』ツアー第二弾 人を大切にする国 キューバ

2012年07月27日


2011年9月にネットワーク『地球村』20周年企画として、世界でいちばんしあわせな国、GNHの国として知られるブータンへの『地球村』ツアーを実施しました。

2012年は、『地球村』ツアー第2弾として、キューバツアーを実施します。

チラシのダウンロード

人を大切にする国で脱アメリカの生き方を学ぶ 6泊8日間の旅

世界でも例を見ない「都市有機農業」の国キューバ。

そのキューバは「医療や教育が無料」、防災大国で世界の多くの国へ災害救助隊の派遣を行なっていることでも知られています。
これらの政策は、キューバの「ひと」を大切にする国づくりを象徴的に示してします。

アメリカなど経済中心の競争社会の対極を示す社会であるキューバを訪問し、「脱アメリカ(=POSTアメリカ)の生き方」を学ぶ『地球村』ツアーを実施します。

【キューバ共和国】

 スペイン植民地時代を経て1902年独立、米国の実質的な保護領となる。
バティスタ将軍の独裁政権に対し、フィデル・カストロ、チェ・ゲバラなどが武装蜂起し、1959年に革命政権樹立。
61年に米国と断交し、社会主義国家となる。
ソ連崩壊後に経済が急激に悪化するも、都市有機農業国家への転換を図り、危機を脱出。
現在は、防災先進国、都市有機農業大国、医療先進国として、世界から注目を集めている。

 

視察・懇談・交流候補

農業関係

有機農業の農場見学
コンサルティングショップ:ミミズ堆肥から苗木までを市民に販売。
エコ都市、ラス・テラサスで植民地時代のコーヒー農場あとを見学

医療関係

ポリクリニコ:地域の中規模病院。すべて無償で医療が受けられる。
ホームドクターと会談。

教育関係

小学校

105197_3291.jpg

 

防災関係

 

 

防災関係の専門家との会談

その他

自由販売市場
革命博物館
熱帯地方研究所
チェ・ゲバラ第一邸宅
世界遺産のモロ要塞

旅行日程 6泊8日間

11/22(木)夕方 トロント乗り継ぎ ハバナ着【ハバナ泊】

11/23(金)~11/27(火) 視察・懇談・交流【ハバナ泊】
(25日(日)のみモロ泊)

11/28(水)早朝 ハバナ発 トロント乗り継ぎ

11/29(木)午後 成田着

■利用予定航空会社:エアカナダ
■食事:キューバ 朝食:6回、昼食:5回、夕食:6回
■添乗員:なし(『地球村』スタッフが同行します)

旅行代金その他費用

合計 419,810円

料金内訳

旅行代金 339,000円
■『地球村』特別会員は1万円割引します。
■上記旅行代金は二人部屋を二人で利用する場合です。
■一人部屋ご希望の場合は追加20,000円が必要です。

その他の経費 約80,810円
■燃油特別付加運賃 約52,000円
■成田空港使用料 2,540円
■現地空港税 約730円
※空港税、燃油特別付加運賃は2012年6月現在のデータです。変更時は差額を請求いたします。
■旅行傷害保険 11,940円
※旅行保険加入が入国条件になります。ジェイアイ保険で所定の保険料を設定しています。
※それ以上の保険を希望される方は別途差額をお支払いください。
■キューバツーリストカード申請料 13,600円

代金に含まれないもの

■日程に記載されない食事
■個人的な費用

※関西、福岡などの空港からの参加はお問い合わせください。
 

お申込み・お問い合わせ先

下記連絡先へ連絡の上、申込用紙をお取り寄せください。

株式会社マイチケット 担当 岩井又は山田

電話番号:06-4869-3444

メール:info@myticket.jp

 

キューバの都市農業についての関連記事

Salud(サルー)!ハバナ ~キューバ都市農業リポート~」