ホーム>事務局の社窓から>地球サミット(リオ+20)の報告会を開催しました

地球サミット(リオ+20)の報告会を開催しました

2012年07月31日


 

7月21日(土)に、大阪の梅田で地球サミット(リオ+20)に参加した報告会を「ウータン・森と生活を考える会」との共催で開催しました。

 

IMG_1324.JPGのサムネール画像
『地球村』事務局の瀧の報告。映写しているのは「サミットの成功と失敗」

 

会場には、計40名弱の方が来られ、盛況となりました。

前半では、一緒にリオに行ったウータンの石崎さんと、日本からサポートしてくださったウータン代表の西岡さんに、リオ+20を通して見る森林保護についてお話しいただきました。

 

後半は、まず『地球村』事務局の高崎渉から、サミットのピープルズサミットで実施した脱原発の顔署名や、閣僚級会合中に本会議場で実施した脱原発デモンストレーションについてお話ししました。

 

 0:00~ ピープルズサミット(NGO用ブース)での顔署名集めと反応
 3:25~ サミット中の日本の原発の動き(再稼働決定と原子力基本法改正)
 6:00~ 本会議場での脱原発デモンストレーションの実施
14:40~ アピールに対する世界の反応
16:20~ 進化する日本の社会運動

 

続いて、同じく『地球村』事務局の瀧大補から、アマゾンの植林活動とサミットの会議としての全体像をお話し、国際会議の問題点と限界、そして会議を通して見えた今後への希望についてお話しました。

 

00:00~ 宮脇方式によるアマゾン植林活動
05:30~ 地球サミットの様子
16:10~ 地球サミット市民参加の取り組み
18:30~ 地球サミットから見えるもの

参加者の皆さまから、「サミットでの活動や会議の様子がよくわかった!」とご好評いただき、その後の懇親会にも10名が参加され、大いに盛り上がった会となりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

また、今回のサミットでの活動は、今回の報告会を共同主催した「ウータン・森と生活を考える会」の全面的なご協力により実施することができました。

ウータンさんは、今後もサミットの報告会や、インドネシアのボルネオでのエコツアーを実施しています。

こちらもオススメですので、ぜひご参加ください。

 

「ウータン・森と生活を考える会」HP
 ┗8月17日(金)18:30~20:40に京都で「リオ+20報告会」を実施
 ┗8月25日~9月1日にボルネオ・エコツアー「希望の村の森づくり」を実施