ホーム>脱原発への道>東電 10m以上の津波を震災前に想定

脱原発への道東電 10m以上の津波を震災前に想定

2011年9月 1日

福島第一原発に高さ10mを超える津波が来る可能性があると、震災前に東京電力が想定していたことが明らかになりました。

 

東電は、三陸沖から房総半島沖にかけてM8.3程度の地震が起きた場合を想定し、そのときの津波の高さを2008年4~5月に試算していました。その結果、福島第一原発に到達する津波は、1~4号機が8.4~9.3m、5、6号機が10.2m、防波堤南側で15.7mになるということが分かりました。

 

しかし、実際の津波対策にこの試算結果を反映せず、震災直前の3月7日まで約3年間、東電は原子力安全・保安院に報告していませんでした。東電も保安院もこれらの事実を公表せず、10mを超える津波を「想定外だった」との説明を繰り返していました。毎日新聞ほか)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!