ホーム>脱原発への道>原発の安全対策 1基194億円

脱原発への道原発の安全対策 1基194億円

2011年11月17日

政府は、福島第一原発の事故を受けた原発の安全対策には、1基当たり194億円が必要だという試算を発表しました。

 

政府は事故後、対策ごとに試算したところ、津波で電源などを失っても炉心損傷を防ぐには118億円、送電設備の耐震性強化に26億円、非常用発電機を常に2台確保するために17億円、水素爆発防止対策に13億円など、合計194億円であることが分かりました。

 

単純計算すると、福島第一原発の6基を除いた国内の原発48基に、高速増殖炉もんじゅを加えた場合の総額は約9500億円となります。建設費や運転維持費以外に、原発に巨額の費用がかかることが改めて浮き彫りになりました。(共同通信


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!