ホーム>脱原発への道>電力不足を乗り越えたカリフォルニア(『週刊東洋経済』2011.4.30-5.7号)

世界各国の動き電力不足を乗り越えたカリフォルニア(『週刊東洋経済』2011.4.30-5.7号)

2011年5月 6日

米国カリフォルニア州では、2000年夏~2001年にかけて電力不足が発生し、2001年1月に2日間の計画停電が実施されました。また、2001年4月に北米電力信頼性委員会(NERC)は、夏場に260~700時間の計画停電が必要になるという予測を発表しました。

この事態を受けて、当時のデービス州知事は一連の施策を実施し、200以上の計画が約9億ドルの費用をかけて実施され、その節電量は約340万kWとなりました。

具体的には、メディアを通じた節電行動の呼びかけや、「20/20リベート」という仕組み(前年と比較して電力消費を20%抑制すると、基本料金を除いた電気料金の20%が還元される)の導入、省エネ機器導入のための資金的な援助、建築物の省エネ基準の導入などが行われました。

日本でも節電行動を呼びかけるときには、それが進みやすい仕組みづくりが必要です。(『地球村』事務局)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!




次の記事 ≫
浜岡原発停止決定