ホーム>脱原発への道>妊婦、子どもの受け入れ活動支援(「つなぐ光」への支援)2011.4.8

『地球村』の支援活動妊婦、子どもの受け入れ活動支援(「つなぐ光」への支援)2011.4.8

2011年4月 8日

「東北関東大震災被災者支援プロジェクト つなぐ光(発起人:きくちゆみ)」による、

被災された妊婦さんや子ども連れ家族の受け入れプロジェクトに、震災復興支援金から合計で300万円の支援を行っています。

同団体は、被災された「妊婦、子ども連れの家族」を沖縄で受け入れるための情報センターとしての役割を果たしています。


現在(2011.04.07)の活動状況が届きましたので、以下に掲載いたします。


●被災者支援人数      : 13家族36名

●ステイ受け入れ登録件数 : 66件

●ボランティア登録件数   : 79件

 

被災者支援は長丁場ですので、腰をすえて、行政にバックアップしていただけるように

尽力しています。なお、行政の支援がない現状として、中期的な住宅は、我々独自でも

確保する必要があります。

 

◆現在、確保している中期的住宅

 ①沖縄の『地球村』会員の方にご紹介いただいた今帰仁村の廃校

 ②恩納村の休眠施設

 ③恩納村の旧ペンション(全12室/52名定員)


◆現在、進展待ちの中期的住宅

 ①今帰仁村のホテル(設備投資無しに避難が可能)


つなぐ光では、引き続き、募金、ホームステイを受け入れてくださる方、

ボランティアで協力して下さる方を募集しています。詳細はサイトをご覧ください。

 

■東北関東大震災被災者支援プロジェクト つなぐ光
http://tsunaguhikari.jp/

■ブログ「つなぐ光」東北関東大震災被災者支援PJT
http://mothership2012.ti-da.net/


<チラシダウンロード>
tsunaguhikari-chirashi-20110329.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!