ホーム>脱原発への道>国連 2050年には自然エネルギーが最大77%

世界各国の動き国連 2050年には自然エネルギーが最大77%

2011年5月13日

国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、風力などの自然エネルギーで、2050年の世界のエネルギー消費量の最大77%をまかなえる可能性があると報告しました。

この報告書は、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開かれたIPCCの会合の中で、日本政府の代表も含めて各国代表が合意したもので、自然エネルギーの現状や今後の導入予測などを164通りの科学的な見通しに基づいて分析したものです。

それによると、自然エネルギーが世界全体のエネルギー需要に占める割合は、2008年の時点で12.9%ですが、2050年には最大77%まで引き上げることができると結論付けられています。

共同通信


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!