ホーム>脱原発への道>海洋汚染 東電推定の3倍

原発事故の現状海洋汚染 東電推定の3倍

2011年9月20日

福島第一原発の事故によって海に放出された放射性物質の総量は、3月21日~4月30日の間で1.5京ベクレル(京は兆の1万倍)を超えるということが明らかになりました。

海に流出した汚染水の推定量と、大気から降下した放射性物質の推定量について、日本原子力研究開発機構が試算しました。

 

東電はこれまでに、海に流出した汚染水中の放射性物質の量は約4720兆ベクレルとの推計を発表していますが、この数値には大気からの降下分が含まれていないため、今回の試算値は東電推定の3倍を超える値となりました。

原子力研究開発機構は、5月に試算結果を文科省に報告しましたが、政府が6月にIAEAに提出した報告書には東電の推定値が記載され、原子力研究開発機構の試算結果は反映されていませんでした。朝日新聞ほか)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!