ホーム>脱原発への道>風力発電で原発40基分の発電可能

脱原発への道風力発電で原発40基分の発電可能

2011年4月26日

環境省は、国内で自然エネルギーを導入した場合に、どの程度の発電量が見込めるか試算したところ、風力発電を普及できる余地が最も大きく、低い稼働率を考慮しても最大で原発40基分の発電量が見込める結果となりました。

今回の試算では、理論上可能な最大導入量から、土地利用や技術上の制約を差し引き、さらに事業の採算性も条件に加えました。その結果、風力発電で約2400万~1億4000万kWの発電ができ、出力100万kWで稼働率85%と仮定した場合の原発約7~40基分に相当することが分かりました。

朝日新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!