ホーム>脱原発への道>AMDA-地球村・広島合同教育プログラム 2011.3.23

『地球村』の支援活動AMDA-地球村・広島合同教育プログラム 2011.3.23

2011年3月23日

東北関東太平洋沖地震により被災した岩手県上閉伊郡大槌町の高校生を対象に、「AMDA(アムダ)」「ネットワーク『地球村』」「広島県教育委員会」が合同プログラムを開始いたしました。同プログラムに対して、『地球村』として200万円を拠出しました。(2011.3.23)

 

支援内容は、広島県教育委員会と広島県の高校生が募金や支援物資(学用品など)を集め、大槌町の高校生に贈呈し、交流をするというものであり、AMDAの菅波代表による「高校生は高校生に向けてメッセージを発信するなど、同じ世代の交わりの方法を考えてみてはどうか」との発案のもとはじまりました。

 

1.対象:岩手県上閉伊郡大槌町の高校生(小中高生を含む可能性あり)
2.時期:4月15日(仮)入学式に合わせて2泊3日程度。
3.参加者:広島県内の高校(計2校程度)。各校学生2名、引率教員1名。合計6名程度。

 

 

■特定非営利活動法人AMDA(アムダ)ホームページ:
http://amda.or.jp/

■広島県教育委員会「ホットライン教育ひろしま」ホームページ:
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/kyouiku/hotline/


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!