ホーム>脱原発への道>福島第1原発の爆発について(3月13日早朝)

原発事故の現状福島第1原発の爆発について(3月13日早朝)

2011年3月13日

みなさん
            ネットワーク『地球村』代表 高木善之

官房長官の会見、とても評判悪いですが、
昨日の事故についての政府(官房長官)の説明も、
原子力安全保安院の説明も、一生懸命の説明はわかりますが、
肝心なことが伝わらないのでよくわからない説明になっています。

事実は次の通りです。

きのうの爆発は、
最悪の事態である炉芯格納容器の爆発ではなく、
炉心格納容器の建屋の爆発だった。
それによってかなりの放射性物質が放出された。

時間経過で説明すると
①地震と同時に原発は緊急停止
 緊急停止とは制御棒が挿入され核反応を停止する。
 しかし、核反応がゼロになるのではなく3%程度は残る。
 温度は上がるので、冷却水の供給を続けなければならない。

②停電により冷却水の供給もストップ
 停電時に緊急用電源で冷却水を供給することになっていたが、
 ディーゼル発電機が全部(13台)動かなかった。

③炉心容器の水位が下がり炉芯が露出
 温度が上がり炉芯熔融が起こった。
 炉芯熔融が起こると炉芯容器の温度と圧力が上がり、
 炉芯容器の爆発の可能性が高まる。
 炉心容器が爆発すると最悪の事態(チェルノブイリ級の事故)となる。

④炉心容器の爆発を避けるために内部のガスを放出(ベント)
 これによって放射性物質が放出された。
 1,000マイクロシーベル(安全基準の約1万倍)が確認された。

⑤建屋の中の水素ガスが水素爆発
 炉心容器内の水素ガスが建屋内にたまり、
 空気と反応して水素爆発し建屋が吹っ飛んだ。
 炉心容器内の水素爆発ではなかったから最悪の爆発ではなかった。

⑥炉心容器内に海水の注入
 最悪の事態を避けるために炉心容器に海水を注入。
 海水の注入は最後の手段(廃炉の可能性あり)なので判断が遅れた。

⑦炉心の温度が下がった
 炉心容器のガス抜き(ベント)が終わったことで、
 放射線量は70マイクロシーベルに下がった(安全基準の70倍)。

★これまでの問題点
①停電によって冷却水が循環しなくなったこと。
②非常用のディーゼル発電機が動かなかったこと。
③代わりの電源車も動かなかったこと。
④その後、手配した電源車も動かなかったこと。
⑤そうした事実を発表しなかったこと。
⑥ベントについても、その危険性を発表しなかったこと。
⑦危険性を知らせないまま、非難や屋内待機を指示したこと。
⑧水素爆発の時点でも、なにも発表しなかったこと。
という一連の判断ミスが目立った。

★現在の問題点  
①このような状態(冷却水の停止)が他の原発でも起こっている。
 福島第一原発(6基)と福島第二原発(4基)の複数で起きている。
②冷却水の水位が低下すると炉心が露出し、炉心溶融の可能性がある。
③それを避けるためにベントをすれば、放射性物質が放出される。
④水素爆発の可能性がある。
⑤炉心溶融や水素爆発によって、
 炉心容器が爆発すると最悪の事態(チェルノブイリ級の事故)

政府(官房長官)の発表も、
原子力安全保安院の発表も、あてにならない。
原子力資料室の情報や、一般市民の現場の情報の方がリアルで信頼できる。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!