ホーム>脱原発への道>エネ特会の原発予算 1700億円が天下り法人へ

脱原発への道エネ特会の原発予算 1700億円が天下り法人へ

2011年10月 3日

原子力の研究や原発の立地対策のために使われるエネルギー対策特別会計のうち、電源開発促進勘定の半分以上が、経産省などの天下り法人に流れていたことが明らかになりました。

2008年には支出した3300億円のうち、51%に当たる約1700億円が、原発の新技術や核燃料サイクルなどを研究する9団体に支払われていました。

 

この特別会計の財源は、形の上では電力会社が納めていますが、最終的には電気料金に一世帯当たり月平均約110円が上乗せされ、消費者が負担しています。

しかも、料金明細には明記されないため、知らないうちに徴収されたお金が、補助金や事業委託などの名目で、原発関連の天下り法人に流れ込んでいたことになります。(東京新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!