ホーム>脱原発への道>もんじゅ廃止の是非検討

原発事故の現状もんじゅ廃止の是非検討

2011年10月25日

政府の行政刷新会議が11月下旬に実施する「提言型政策仕分け」の対象分野が判明しました。

 

「提言型政策仕分け」は、政策や行政事業の必要性や効率性を公開で議論して、行政の無駄の削減につなげる取り組みで、政策の方向性が適当かどうかに判断の重点を置いて行います。

 

対象分野には、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃止を含めた原子力研究開発の是非のほか、原発を抱える自治体向けの原発交付金の在り方も盛り込まれました。河北新報


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!