ホーム>脱原発への道>福島第一原発の被曝線量

原発事故の現状福島第一原発の被曝線量

2011年3月23日

内閣府原子力安全委員会は、福島第一原発から放出される放射性物質について、想定される飛散状況と被曝線量を23日に公表しました。被曝線量とは、被曝した時の放射線量のことで、3月12日~24日までの12日間の累積被曝線量が、福島第一原発から20~30キロ圏で500ミリシーベルト、30キロ圏外でも100ミリシーベルトになる地域があることが分かりました。100ミリシーベルトは、甲状腺疾患予防で安定ヨウ素剤が必要になる指標とされています。大気中の放射性物質の測定値と気象条件を踏まえて、放射性ヨウ素による甲状腺の被曝量を推計したところ、福島第一原発から約50キロ離れた福島県伊達市やいわき市でも100ミリシーベルトに達したことが確認されました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!