ホーム>脱原発への道>【応援米プロジェクト】釜石市災害支援ボランティアセンターへお米80俵をお届けしました。

『地球村』の支援活動【応援米プロジェクト】釜石市災害支援ボランティアセンターへお米80俵をお届けしました。

2011年11月 9日

釜石市災害支援ボランティアセンターへ応援米プロジェクトからお米80俵をお届けしました。(2011.11.8)

 

同センターからは「お米は被災者に配布しますと大変喜ばれます」とFAXをいただき

お電話でも、担当者の方が大変喜ばれている様子でした。

 

釜石市災害支援ボランティアセンターでは

ボランティアの減少で多くのボランティアセンターが受け入れ中止を始めている中で、

現在でも予約制にてボランティアの受け入れを行っています。

これまでのボランティア活動人数は3万3千人を超えており、

現在でも炊き出しや瓦礫除去、写真洗浄といった作業が行われています。

活動ブログ 釜石市災害支援ボランティアセンター

 

これまでのお米のお届け先一覧は下記URLをご覧ください。

応援米プロジェクト


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!