ホーム>脱原発への道>福島原発 溶融燃料が格納容器を侵食

原発事故の現状福島原発 溶融燃料が格納容器を侵食

2011年12月 5日

東電は、メルトダウンが起きた福島第一原発1~3号機について、溶けた核燃料の位置を推定したところ、溶けた核燃料が格納容器の床面のコンクリートを浸食した可能性があることが分かりました。

 

原子炉内の状況は直接確認できないため、東電は核燃料の崩壊熱などをもとに計算しました。


その結果、地震直後に冷却装置が止まった1号機では、核燃料の85%は溶け落ち、格納容器の床面のコンクリートを最大65センチ、燃料の約70%が溶け落ちた2、3号機では、それぞれ最大12センチ、20センチ浸食したと推定されています。(毎日新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!