ホーム>脱原発への道>あしたへの希望 -原発のない社会の実現を!-

脱原発への道あしたへの希望 -原発のない社会の実現を!-

2011年3月22日

 

あしたへの希望

 

 

ネットワーク『地球村』代表  高木善之

 

 

3月11日(金)午後2時46分、観測史上日本最大の巨大地震が東北を襲った。
町は壊滅、インフラは寸断、放射能の恐怖・・・
死者 数千人 安否不明 数万人・・・
『地球村』事務局のスタッフは現在、24時間体制でがんばっています。
情報収集、情報発信、会員の安否確認、他団体との支援協力・・・
その間にも次々入ってくるバッドニュース・・・
(1号炉爆発、3号炉爆発、2号炉爆発、4号炉炎上、5、6号炉温度上昇)


しかし、私は「ピンチはチャンス」という言葉をかみしめています。
大きなピンチに陥った時、あきらめればそれまで。
あきらめなければ、明るい未来がやってくる。


『激しい揺れで目が覚めた。「家がこわれる!」と覚悟するほどの激震。
テレビが床に転落、部屋は散乱、家族はお互いの無事を喜び合う。
死者6000人以上、倒壊10万棟以上、被災者30万人以上、
未曾有の大惨事、復旧には何年もかかるだろう。』



これは、16年前の阪神大震災の時の『地球村通信』の巻頭言です。
あれほどの大惨事を、神戸は数年で乗り越えました。
そして以前よりも安全な、機能的な、元気な町に生まれ変わりました。



神戸の人たちは、心を一つにすることの素晴らしさを学びました。
日本中の多くの人は、ボランティアの大切さと楽しさを学びました。
みんなが、「大きな不幸をきっかけとして、大きな幸せにつなげることができる」
ことを知りました。


私は、いま大きな悲しみの中で、明るい未来をイメージしています。
その未来の社会について、書いてみます。
どうぞ、あなたもイメージしてみてください。
そして、夢を語り、その実現に向けて歩き始めましょう。



●原発のない社会


日本の原子力発電は電力の30%です。つまり、電力を30%減らせば原発はいらなくなります。30%削減は可能です。方法はいろいろあります。

 


★仕組みを変える!

・家庭は電力消費が増えれば単価が高くなるが、企業は逆に安くなる、という日本の電力価格の問題点を改める
・ピーク電流(真夏の昼間)の電気代を高くする(フランスで成功)
・大規模発電から小規模発電(市民発電)を優先する
・電力の自由化(日本は、電力事業は電力会社の独占、地域独占)
・東日本、西日本の周波数(50Hz、60Hz)を合わせる



★みんなで動こう!

①ダウンアンペア作戦…ブレーカーの許容アンペアを下げる
②ラブレター作戦…企業やお店に「○○はなくてもいいですよ」と、24時間営業な
どの過剰に電力を消費するサービスがなくてもよいことを伝える
③ドンマイ作戦…電力会社に「電気が足りなくて停電しても構いません」と伝える
④WEB版環境家計簿(ストッコ)をつける(https://www.stop-ondanka.com



●田園社会(地球村)


★市民農園(クラインガルテン)

・家族で土に触れ、野菜や果物を作る農的生活はとても健康的
・市民が食糧の自給自足に取り組むのは、国の安全につながる



★市民発電(小水力、太陽熱、風力)を推進

・市民発電を、売電と同額か2倍で企業が買い取ることで、原発による電力(30%)を市民発電でカバーする(ドイツで成功)
 

 

★里山、自然公園、ビオトープ

・生活の中に自然を取り入れ、生き物と共存する町づくり
・自然から学ぶ(フリースクール、子供たちの遊び場)


阪神大震災よりもはるかに大きい今回の経験を転機として、
意識が変わること、社会が変わること、未来が変わることを、
強く強く、はっきりとイメージしましょう!
はっきりとしたイメージは周りに伝わります!
安心できる社会エコビレッジ(地球村)を実現しましょう!
 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!