ホーム>脱原発への道>被災時の注意点(震災、放射能事故)(改訂)

あなたにできること被災時の注意点(震災、放射能事故)(改訂)

2011年3月31日



●最も大切なこと

情報に関心を持ち、必要なことを理解し行動することが大切です。
『地球村』では、現在東北地方太平洋沖地震、福島第1原発に関する情報を配信しています。『地球村』のサイト更新を見る、『地球村』メルマガ登録ツイッター(@chikyumura)などをご利用ください。
 

 

●被災したときに役に立つこと


【地震が起きたとき】 

慌てて家の外に出たりしない


・家の中では身の安全を

玄関などの扉を開けて脱出できるように
テーブルの下などに身を隠す
火を消し、ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを切る

 

・自動車を運転していたら

自動車を道路左側へ寄せ、緊急車両が通れるように
エンジンを切って、窓を閉め、ドアロックはせずに、キーは付けたままで避難

 

・地下街やデパートなどでは

ショーウィンドウや高い棚から離れる
火災が起きたら、ハンカチで口鼻を覆い、低い姿勢で壁伝いに避難

 

【津波のときは】

・警報や注意報が出たら大至急、高台に避難

 

・警報や注意報が間に合わない場合もあるので、海岸付近で強い揺れを感じたらすぐに避難する

 

・「津波は必ず引き波から始まる」は迷信

 

・普段の波と違ってエネルギーが膨大。ひざの高さ、数十センチ程度の津波でも大人が流されるので油断は禁物

 

・長時間に何度も繰り返し来るので、一旦津波が引いても警報や注意報の解除までは家などにらない

 


【避難するときに】

・歩いて避難しよう、エレベーターは使用しない

エレベーターに乗っているときは、全階のボタンを押し、最寄りの階で降りる

・防空頭巾などをかぶり、活動しやすい服装(長袖、長ズボン、運動靴など)で

・壁や塀からなるべく離れるように、余震で倒れてきたり、瓦やガラスが落ちることも

・ラジオを持ち、正しい情報を入手しよう(不要・不急の電話をかけないように)

 

 


【こんなモノが必要、こんなモノが役立ちます】

・水、乾パン、クラッカー、缶詰、粉ミルク(ほ乳ビン)など食料、底の厚い靴、防じんマスク、軍手、タオル、ロープなど安全用品、医薬品、印鑑、現金、通帳、身分証明書などが必要なります

・ラジオ、懐中電灯、ライター、ラップ、生理用品、使い捨てカイロ、毛布などが役立ちます

・広い避難場所では、床に段ボールを敷き、テントを建てたり、ダンボールハウスをつくる

・新聞紙を服の下に巻くと温かい。焚き火で石を温め布にくるんでカイロになります
参考になるサイト OLIVE(https://sites.google.com/site/olivesoce/


 


●原発震災になったときに


地震により原子力発電が被災したときには、放射能による被爆をできるだけ減らすために、避難時の対策が大きく変わってきます。

【屋内退避の時】

・むやみに動き出さないようにしよう

・原発からの放射性物質は、ヨウ素など気体のような状態で放出されます。
ドアや窓を閉めて目張りをしたり、換気扇やエアコンなどを止めるようにしましょう。

 


【屋外に避難するとき】 

・原発の風下に向かって逃げないようにしよう(できるだけ直角方向に)

・濡れたマスクやタオルで口と鼻を抑えよう (放射性物質の吸い込みを防ぐため)

・ビニール素材など放射性物質が付着しにくい服をきよう

・傷口がある場合は覆うようにしよう

・木造よりコンクリートの建物に避難しよう

・水たまりに近づかないようにしよう

 

 

 


【避難先では】

・避難場所に入るときは外側の衣服を脱ぎ、ポリ袋に入れて口を縛る

・避難後に皮膚や頭をせっけんでよく洗う(「除染」)

・避難場所でもむやみに窓を開けない

・外においてあったものや井戸水は口にしない

・ヨウ素を含むうがい薬を飲まないようにしよう

・野菜は水でよく洗おう

・洗濯物は部屋干ししよう

・しばらくの間は、雨には絶対に濡れないように気をつけよう

 

 

※被ばくについて
呼吸や汚染された水や食べ物を体の中に取り込むと、体の内部から被曝します。 放射能を吸い込まない、体に付けたままにしない様な行動が基本です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!