ホーム>脱原発への道>脱原発に動き始めたドイツ

世界各国の動き脱原発に動き始めたドイツ

2011年3月28日

27日に行われた2つのドイツ州議会選で、一貫して脱原発を訴えてきた環境政党・緑の党が大躍進しました。南西部バーテン・ビュルテンベルク州では、58年間州政権を担ってきたメルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)を破り、ドイツ政治史上初めて緑の党が州首相になりました。西部のラインラント・プファルツ州議会選でも、緑の党が得票率を伸ばし、社民党と連立を組む可能性が出ています。
ドイツでは、2000年に2020年までに原発全廃を決定しましたが、昨年9月に原発の稼働年数を最大で14年間延長する方針を決定。福島第一原発の事故を受けてメルケル首相は、延長計画を3カ月で見直すことや、使用年数が最も長い原発7基を一時停止しました。今回の選挙結果により、ドイツでは脱原発政策がさらに推進されると考えられます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!