ホーム>脱原発への道>家庭でできる地震対策

あなたにできること家庭でできる地震対策

2011年3月13日

東海地震が想定されている愛知県のサイトに「家庭でできる地震対策」が掲載されています。

「地震その時は」、「津波が発生したら」、「知っておきたい応急手当」
という、被災してから必要な情報や
「家具の転倒や落下を防ごう」という予防措置も掲載されています。

 


 

外国人の方用に多言語で「地震発生時緊急マニュアル」が掲載されています。

Japan earthquake how to protect yourself

 



【ツイッターなどで下記の情報も流れていました。まとまった情報でしたので転載します。】

 地震が起こったら、必ず窓を開けてください。

 家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
 まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
 X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
 携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
 ヒール履いてる人は折る!
 食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
 トイレは基本ないからビニール袋を。
 火事などの2次災害に注意!
 パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。
 ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。
 ナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。
 安否確認はダイアル171!

◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。

できるだけ安否確認で電話は使わないで!
救急ダイアルが混乱するから。
安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットやSkypeを使いましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!