ホーム>脱原発への道>「時の流れは以前と同じで・・・」

被災地の声「時の流れは以前と同じで・・・」

2011年4月 6日

「時の流れは以前と同じで・・・」


福島県須賀川市在住 寺山佐智子さん


自宅は瓦がずいぶん落ち、ブルーシートの屋根にしています。

地震直後から、大学生が5人や知人親子も一緒に、一時は13人で生活をしていました。

不安な日々でしたが、にぎやかさで、ずいぶんと元気をいただきました。

今週やっと、家族だけの生活に戻り、娘とは貴重な経験だったねと話しています。
 

 

 

農家で桃や露地栽培の野菜などを作って生活をしていました。

今は、白菜やホウレン草は出荷停止の状態、

作付も見合わせて、土壌検査まちの状況が続いています。

水がないので田んぼでお米が殆ど作れませんし、

じゃがいもなどの作付のタイミングなのですが、半月ほど遅れそうです。
なにより、風評被害の影響で、福島の作物が売れるかという不安もあります。

 

 


いろいろなことがありますが、
自然の中で時は以前と変わらずに流れ、桃の木に蕾が沢山付くようになりました。

美味しい桃を今年も作りたいと、樹の負担も考えて、蕾をつんでいます。

 

 


この地震で、多くの方に力をいただきました。

地元でのつながりの大切さを感じ、深めることができました。

自分たちは、試されているんだなあって、今も感じています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!




≪ 前の記事
「絶望こそ希望」