ホーム>脱原発への道>地震国に原発?

脱原発への道地震国に原発?

2011年4月25日

大地震、大津波は天災ですが、
原発(原子力発電所)事故は、
人間が危険なものを危険な場所に作ったために起こった人災です。
日本の原発事故をきっかけに
ドイツなど多くの国で原発政策の見直しが始まっています。
しかし、日本の姿勢は、
いまだに原発維持、いまだに数多くの原発が稼働中です。

1973年以降、世界中で起きたM5以上の地震の数
イギリス    8回
ドイツ     17回
アメリカ   385回
日本    3542回
         (アメリカ地質調査所のデータ)
※アメリカの面積は日本の25倍だから、
 日本と同じ面積当たりなら16回です。

これだけ地震が多い日本国で
原発を設置すること、どう思いますか。

参考:各国の原発数
イギリス  19基
ドイツ    17基
アメリカ  104基
日本     54基


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!