ホーム>脱原発への道>梅雨時期の放射能対策

あなたにできること梅雨時期の放射能対策

2011年6月 8日

関東地方は6月8日頃、福島県など東北南部は12日頃に梅雨入りが見込まれています。

梅雨時の具体的な放射能対策についてまとめました。

 

 

【雨に濡れたとき】
・肌が濡れた場合、放射性物質が肌に付着し、微量とはいえ被曝することになります。傘だけでなく、レインコートを用いるなど、雨に濡れないことが大切です。
・放射性物質は髪の毛に付着しやすいので、雨に濡れた場合は、帰宅後すぐに髪を洗いましょう。
・子どもは背が低く、放射能にさらされやすいので、雨に濡れなくても洗髪するなど注意が必要です。


【急な夕立ちなどで洗濯物が濡れたとき】
・服の繊維の中に放射性物質が残ってしまうので、もう一度洗濯しましょう。
・雨の降り始めは空気中の放射性物質が一気に落ちてくるので、放射線量が高くなります。念のために洗い直しましょう。

 

【水道水や井戸水は飲んでも大丈夫?】
・マンションなどで屋上に貯留タンクが設置されている場合は、水道水にも注意が必要です。タンクの中に雨水が混入しないようにしましょう。

 

【梅雨時に近づいてはいけない場所は?】
・水たまりに近づかないようにしましょう。
・噴水は放射性物質をまき散らす恐れがあるので、近づかないようにしましょう。
・芝生や草むら、側溝、植え込みの付近は、放射性物質がたまりやすい場所なので、近づかないようにしましょう。

 

最も大切なことは、情報に関心を持ち、必要なことを理解し行動することです。
そして、周りの人にも情報を伝えて、一緒に行動するようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!