ホーム>脱原発への道>菅首相 脱原発を明言

脱原発への道菅首相 脱原発を明言

2011年7月14日

菅首相は、今後のエネルギー政策に関して、「計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現する」と述べ、将来的には原発を全廃する「脱原発」の姿勢を鮮明にしました。

また、福島第一原発の事故が起きる前は原発推進の立場だったとした上で、「最終的な廃炉に長い期間を要するリスクの大きさを考え、これまでの安全確保という考え方だけでは律することができない技術だと痛感した」と原発推進政策を転換した理由を説明しました。

一方、当面の電力需給対策については、「この夏、冬の電力供給は可能で、遠くない時期にしっかりとした見通しを示したい」と発言しました。
毎日新聞時事通信


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!