ホーム>脱原発への道>政府 家庭の電力を過剰に推計

脱原発への道政府 家庭の電力を過剰に推計

2011年8月 5日

東京電力管内の家庭で、真夏の日中に使う電力の政府推計が、実測値よりも2割多いことが分かりました。

政府が東電のデータを元にして、真夏の日中における家庭の電力を推計したところ1200Wでしたが、資源エネルギー庁が推計とは別に実施した調査によると、この電力は1000Wであることが分かり、政府が東電のデータを検証せずに過剰に推計したことが明らかになりました。


一方、東電管内では、当初は電力が不足すると懸念されていましたが、7月の供給力と電力需要を比べると、十分な供給余力(供給力に対する電力の使用率)があります。火力発電の復旧などで8月にはさらに供給力が増加し、家庭や企業の節電効果によって、今夏は電力不足にならない見通しとなっています。(朝日新聞ほか)

 

政府が10%以上の節電を要請している関西電力管内では、昨年並みの猛暑を前提に、最大電力を3138万kWとみていましたが、7月の最大電力は2615万kWであり、500万kWほど下回っています。関電も電力需要を過剰に想定しています。(『地球村』事務局)


 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!