ホーム>脱原発への道>資源エネルギー庁 原発記事を監視

脱原発への道資源エネルギー庁 原発記事を監視

2011年8月10日

資源エネルギー庁が国の原子力政策推進計画の中で、「誤った報道に真摯に対応する」の部分を「監視」にすり替えて事業を行っていたことが分かりました。

そもそも計画は、行政側に非があれば改め、メディアにも誤報を改めてもらい、原子力行政への国民の理解を深めることでした。

 

資源エネルギー庁は、2008年から原発に関するメディア情報の監視を始め、本年度を含めた4年間で約1億3000万円を事業として予算計上しています。監視によって誤報が見つかった場合は、資源エネルギー庁のHPにその情報を打ち消すような内容を掲載するとされています。

計画策定に携わった委員からは「メディアを監視しろとは言っていない。資源エネルギー庁の事業は、反対意見を封じる戦前の日本のようだ」と資源エネルギー庁の対応を批判する声が上がっています。(東京新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!