ホーム>脱原発への道>被災者への情報提供支援(ボランティア米沢のボラよね新聞支援)

『地球村』の支援活動被災者への情報提供支援(ボランティア米沢のボラよね新聞支援)

2011年7月15日

米沢市内の避難所で活動するボランティア米沢の発行するミニコミ紙「ボラよね新聞」の発行資金に、震災復興支援金から50万円を拠出しました。(2011.7.15)

031s.jpg

 

ボランティア米沢では避難者が情報不足に陥りやすい現状をふまえ、避難者への新聞発行を行っています。

 

避難所内の出来事や、活動にあたっているボランティアスタッフを紹介するなど、お互いを知り合い、理解を深めることによって繋がりを強めるツールとして役立ててもらっています。

 

現在の発行部数は1500部(7月27日現在)、避難者の「今」や「心」を伝えると共に、避難していない人にもアピールできる内容にしたいと、東北6県にも配信されています。

 

ボラよね新聞については

ボランティア米沢の丸山弘志事務局長、伊藤範編集長と高木さんのスペシャル対談で触れられていますので、そちらをご覧ください。

 

■ボラよね新聞WEB版img20110717094544.gif


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!