ホーム>脱原発への道>浪江町 原発交付金を辞退

脱原発への道浪江町 原発交付金を辞退

2011年9月 7日

福島県浪江町は、原発交付金の受け取りを今年度から辞退する方針を固めました。

 

原発交付金をめぐっては、東北電力が新規立地を目指している浪江・小高原発の立地自治体である南相馬市も既に受け取りを辞退し、建設反対の姿勢を明確にしています。

浪江町は、1984年から交付金を毎年受けていましたが、浪江町長は「県が復興ビジョンで脱原発を目指す中、受け取るべきではないと考えている」と述べ、今年度分(約8700万円)から受け取らない方針を決定しました。(朝日新聞

 

⇒「南相馬市 原発交付金を辞退」について


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!