ホーム>脱原発への道>福島第一原発2号機で再び温度上昇

原発事故の現状福島第一原発2号機で再び温度上昇

2012年2月 7日

東京電力は、福島第一原発2号機の圧力容器底部の温度が急上昇し、一時70℃以上に達したことを明らかにしました。


福島第一原発の事故後の保安規定では、圧力容器底部の温度が80℃に達するか、原子炉への注水量を1日で毎時1トン以上増やすと、地元自治体に通報しなくてはなりません。


今回測定された温度は通報基準に迫る温度で、昨年12月以降で最も高い温度です。2号機は放射線量が高く、内部を確認することができないため、原子炉内で溶けた核燃料の状態がはっきりしていません。核燃料が反応して温度が上昇した疑いがあります。毎日新聞ほか)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!




次の記事 ≫
西日本 原発ゼロ