ホーム>脱原発への道>美浜2号機、保安院10年延長許可へ

脱原発への道美浜2号機、保安院10年延長許可へ

2012年6月 8日

福井県美浜町にある美浜原発2号機は、7月に運転開始から40年を迎える。

心臓部である原子炉圧力容器の劣化や耐震安全性が懸念される中、保安院は6月6日、10年間の運転延長を「妥当」とする審査結果を示した。

しかし、現在国会では「原発の運転年限を40年」とする法案が審議されている最中で、この改正法が執行されれば、運転延長は制度移行期間特例としての3年間となる。

さらに、規制庁の設立準備をする担当者は「執行までに40年超の原発の稼働を原則認めない厳しい基準を作る」と話している。

その通りになれば、10年延長も事実上無効となるのに、保安院は無理押ししてでも延長を認めようとしている。

「今は結論を保留にし、新しい規制庁が出来てからにするべきだ」という批判の声も上がっている。

電力会社の利益を守るかのような保安院の姿勢には、疑問と不信感を感じる。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!