ホーム>脱原発への道>「40年廃炉」崖っぷち

脱原発への道「40年廃炉」崖っぷち

2012年6月20日

政府が掲げた、原発運転期間を原則40年とする方針が、早くも揺らいでいる。

民主・自民・公明の三党で行われた関連法案の修正決議では、「40年廃炉」の文面だけは残ったが、9月頃に発足するとされる新「原子力規制委員会」が、期間を速やかに見直す規定が盛り込まれた。これは、自民党の意見に配慮したとのこと。新規制委5人の人選は、国会の同意が必要で、自民党などの意向に左右される。人選次第では、運転延長が次々と認められる事になりかねない。

 

40年廃炉を見直す動きの背景には以下の様な問題がある。

・原子力ムラからの強い反対圧力

・日本原子力学会「原発は部品を交換すれば、60年超の運転が可能」と反対

・自民党「一律に年数制限する科学的根拠が見つからない」と主張

・原子力安全・保安院

 福島第一原発事故について、老朽化を否定

 7月に40年を迎える美浜2号機の運転延長の道を開く不可解な審査を強行

・運転を規制する為の基準が明確ではない

 

細野原発事故担当相の発言は次の様なものでした。

【2012年1月】40年超の原発の再稼働は「今の状況ではありえない」と名言

          20年延長を認める事についても、「例外中の例外」と強調

【2012年5月】2030年、「原発の比率15%」との発言も

 

「原則40年」という政府方針が、三党合意の「見直す」という言葉で、40年超の運転を簡単に実現させてしまわないだろうか。「延長20年」が常態化しないだろうか。少なくとも原発の寿命規定が、なし崩しにされる恐れが濃厚に出てきた。

脱原発依存、40年廃炉。政府は明確に約束した。安易な妥協を繰り返し、約束をほごにする事は決して許されない。

 東京新聞2012年6月15日 など


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!