ホーム>脱原発への道>核燃料サイクル 45年で10兆円投入

脱原発への道核燃料サイクル 45年で10兆円投入

2012年1月 6日

使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクル事業において、45年間で少なくとも10兆円が使われていたことが明らかになりました。

 

これは、高速増殖炉の開発が国家プロジェクトに指定された1966年からこれまでに、核燃料サイクルに投じられた金額です。核燃料サイクルで使うMOX燃料(プルトニウムとウランを混ぜたもの)の製造費用は公表されていないため、集計に含まれておらず、実際の事業費はさらに増加することになります。

 

事業費の主な財源は、電気料金に上乗せされる電源開発促進税で、電力会社が払った資金の大半も、この税とは別に電気料金に上乗せされ、いずれも消費者が負担しています。度重なるトラブルによる計画の延期を繰り返しても、国策として核燃料サイクルを進めてきた結果、費用が膨れ上がることになりました。東京新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!