ホーム>脱原発への道>政府 電力需給6%余裕を隠す

脱原発への道政府 電力需給6%余裕を隠す

2012年1月24日

今夏の電力需給について、供給不足にならないという政府試算があったにも関わらず、公表されていなかったことが明らかになりました。

 

政府は、今夏は9.2%の供給不足になるという試算を発表しました。しかし、この試算は自然エネルギーを除外したり、揚水発電の供給力を低めに設定するなど、実態を無視した部分が目立っていたため、地域ごとの自然エネルギーの稼働状況など、電力需給の実態を踏まえた試算を再度行いました。

 

その結果、今夏は電力不足にならず、最大6%の余裕があるということが分かりましたが、公表されていませんでした。供給力を過小評価し、原発再稼働の必要性を強調していると批判の声が上がっています。(毎日新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!