ホーム>脱原発への道>原発運転 最長60年?!

脱原発への道原発運転 最長60年?!

2012年1月18日

政府は、原発の運転期間を原則として40年に制限する原子炉等規制法の見直しについて、例外的に認められる延長の期間を最長20年までとする方針を明らかにしました。

 

同法案が成立すれば、原発は最長60年で廃炉になります。原発立地の地元自治体では、「延長を認める基準が判然とせず安全性が後退している。中身がよくわからず説明不足である。」と困惑が広がっています。朝日新聞

 

 

菅元総理は原発事故後、原子力政策を見直す方針を打ち出しましたが、今回の方針はそれに逆向、原発推進の方向です。市民の意思表示が必要です。(『地球村』事務局)

 


 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!