ホーム>脱原発への道>放射能汚染された魚が流通

原発事故の現状放射能汚染された魚が流通

2012年1月19日

国際環境NGOグリーンピースは、関東・三陸地方の大手スーパーマーケット5社で食品の放射能汚染調査を行ったところ、汚染された商品が広く販売されていることが分かりました。

 

調査の結果、一般に販売されている魚介類に放射能汚染された商品が幅広く混入していて、対象5社すべてのスーパーマーケットで汚染された商品を確認し、全75サンプル中27サンプルから放射性物質が検出されました。

 

特に、マダラやメバチマグロなど、大型魚からの放射性物質の検出が目立ち、ほぼすべてのサンプルから放射性物質が検出されています。一方、関西・東海地方で同様に調査をしたところ、関東・三陸地方に比べて汚染された商品は少なかったものの、汚染された商品が出回っていることが分かりました。(グリーンピースほか)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!