ホーム>脱原発への道>西日本 原発ゼロ

脱原発への道西日本 原発ゼロ

2012年2月21日

関西電力の高浜原発3号機(福井県)が2月20日に定期検査に入り、関電が保有する原発11基すべてが停止し、中部、北陸以西の西日本(電気の周波数が60ヘルツの地域)で稼働中の原発はなくなりました。

 

これにより、国内にある原発54基のうち、稼働中は東京電力柏崎刈羽原発6号機(新潟県)と、北海道電力泊原発3号機(北海道)の2基だけとなります。

 

関電で稼働原発がゼロになるのは33年ぶりで、米スリーマイル島の原発事故を受けた安全対策などで、当時の6基が4日間全停止した1979年以来です。

 

全国の原発が定期検査のため順次運転を停止していますが、現在までのところ全国的に電力供給は安定しています。毎日新聞によると、企業や家庭での節電の取り組みなどにより、関電では全原発が停止しても、電力使用率は91%程度で供給不足にならない見通しです。

毎日新聞朝日新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!