ホーム>脱原発への道>福島県が拡散予測消去

原発事故の現状福島県が拡散予測消去

2012年3月22日

 東京電力福島第一原発の事故で、福島県が昨年三月十一日の事故当夜から放射性物質拡散の予測データをメールで入手しながら、十五日朝までの分を消去していたことが新聞社の取材で分かった。

この間に1、3、4号機で相次いで爆発が起きたにもかかわらず、県の担当者は「(データの)容量が大きすぎて、消してしまった」として原発周辺の自治体に予測データを公表していなかった。

また、その後新たに送られてきた予測データも県は「既に過去のもので、正確ではない」として公表していない。

東京新聞2012年3月21日


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!




≪ 前の記事
西日本 原発ゼロ