ホーム>脱原発への道>原発再稼働についてのまとめ

脱原発への道原発再稼働についてのまとめ

2012年4月19日

原発の数

世界の原発の数  431
日本の原発の数   50(廃炉の福島第一原発を除く)
現在の稼働数    1

他はすべて不具合や定期点検で次々に停止中
最後の一基は北海道泊(とまり)の原発
これも5月5日「子どもの日」に定期点検で停止。
つまり、こどもの日に日本原発は「稼働ゼロ」になります。

稼働ゼロが意味するもの

これは、原発が軌道に乗って以来、初の大事件です。
このまま「原発ゼロで夏季を乗り切る」ことができれば、
「原発はなくてもいい」ことが証明され

新エネルギー(自然エネルギー)に進むことができます。
安全を求める市民、国民には歓迎すべきことであり、
世界の「脱原発」にも大きな影響が期待できます。

原子力村(政府、官僚電力会社)にとっては最悪のことです。
「日本の電力の3分の1は原発」
「日本は、原発が無いと成り立たない」など、
これまでの説明(宣伝)が根底から崩れ、
原子力村の利権も根底から崩れることになります。

そうなれば、「原発=危険=不要⇒廃炉」となるのは必至。
お金を生み出す宝箱だった原発が一転、「最悪の厄介物」になります。

原発再稼働へのシナリオ

1.安全基準はおおむね確認された
2.原発なしでは夏は乗り切れない
3.地元の理解を得て再稼働する
4.再稼働を政治判断

この一つひとつについて説明します。
ぜひ、理解して周りの人にもお伝えください。

1.原発は安全か

原発はいつか必ず最悪の事故を起こす「ロシアン・ルーレット」

原発は地震、津波だけではなく、コンピュータの故障、
人為的ミス、テロなどの可能性はいくらでもあります。
原発は想定内、想定外に関わらず、いつか必ず大惨事を起こします。
つまり原発は「ロシアン・ルーレット」なのです。

ストレステスト一次評価の安全基準(抜粋)

地震の加速度600ガル・・・・福島原発は1000ガル以上で破損
防波堤の高さ10メートル・・・最近の津波予想は20メートル以上
全電源喪失への対策・・・・・・現状、対策なし(今後数年で建設予定)
現状の安全基準は、きわめて危険です。

2.稼働ゼロで夏も乗り切れるか

関西電力の現在の発電量 2294万KW
現在の需要量 1800万KW(78%)
今冬のピーク 2500万KW
作夏のピーク 2500万KW

 関西電力の持つ、発電設備容量は水力と火力だけで2598万kW
 節電によって乗り切れることは明らかです。

3.地元の理解とは

地元とは、原発マネーと引き換えに原発を受け入れた福井県だけ?
大飯原発から30キロ圏には、京都府、滋賀県、100キロ圏には、兵庫県、大阪府。
さらに近畿の水がめ「琵琶湖」も含まれます。
4月2日、枝野大臣は「地元とは周辺を含む」と答えました。
福井県知事以外の周辺地域の知事は全員、反対を表明しているのです。

4.政治的判断するべきではない

ドイツは、倫理委員会(社会学者、哲学者、神学者)が
原発は容認できないと結論し、政府は「脱原発」を12年前倒しにしました。
イタリアは、国民投票の結果を重視して「脱原発」を宣言しました。

大阪府、大阪市が「再稼働のための8提言」を発表しました。
滋賀・京都知事が「国民的理解のための原発政策への提言」を共同提言しました。
私たちも「脱原発」に向けて様々な関わりを強化していこう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!