ホーム>脱原発への道>日本の原発の稼働がゼロに

脱原発への道日本の原発の稼働がゼロに

2012年5月 5日

 

国内で唯一稼働していた北海道泊原発が5月5日深夜に定期点検のため停止、国内の商業よる原発50基がすべて停止した。

2年前に政府は「2030年までに14基以上の原発増設、稼働率9割」というエネルギー基本計画を策定していたが、昨年3月11日の東日本大震災と福島第一原発事故以来、地元自治体などの反対により定期点検後の再稼働ができない状況になり、稼働原発がゼロとなった。

原発ゼロになったのは、1970年以来42年ぶり。

一度事故が起これば甚大な被害が出る原子力発電所を、必要性が高いからと安全対策が不十分なままで再稼働に踏み切るのは許されない。

5月5日東京新聞他新聞各紙


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!




≪ 前の記事
日本の原子力予算