ホーム>脱原発への道>この夏、関西でも電力は足りる!

脱原発への道この夏、関西でも電力は足りる!

2012年5月15日

国内で稼働している原発ゼロになった今、政府試算ではこの夏に関西電力を中心に電力不足になるとしていますが、本当でしょうか?

NGO などが原発再稼働がなくても節電などで電力不足は回避できると試算しています。

原発ゼロの夏を楽しみながら、過ごしましょう。

 

需給検証委員会 植田 和弘委員など (5月3日そもそも総研より)


20120503a関電を破綻させないために原発稼動 投稿者 bakaTepco14

【ポイント】

●2010年並の猛暑の場合、電力は
・日本全体で 0.4%不足
・関西電力は16.3%不足(約500万kW不足)

●節電はどの程度
・昨年の夏の東京電力管内で東京都内で18%の節電
 照明の見直し、空調の設定を行った
・関西電力では3%の節電しか見込んでいなかった
 照明や空調が4割を占めているので、もっと節約が可能

●節電すると余裕で揚水発電用の組み上げが可能になる

●他社からの購入
・周辺の中国電力、四国電力、北陸電力、中部電力と
 自社発電から購入可能
 

この動画の後半はこちら(なぜ、再稼働が必要か?)

 

気候ネットワーク


【ポイント】
●政府が予測した昨年の夏と冬の電力不足は起きなかった。

●供給力が過小評価
 節電効果は昨年の半分
 最大需要電力は平日の日中の数時間だけ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!