ホーム>脱原発への道>大飯原発 再稼働か

脱原発への道大飯原発 再稼働か

2012年5月31日

30日、大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に関して、野田首相は「立地自治体の判断が得られれば、最終的には私の責任で判断する」と表明しました。

同日の関西広域連合の会合に出席した細野原発相は周辺自治体の理解が大筋で得られたと判断し、福井県やおおい町の同意を受け関係閣僚会合で再稼働を正式に決める方針です。
 

政府は再稼働に難色を示していた関西広域連合から理解が得られたと判断していますが、関西広域連合は
「暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断をされるよう強く求める」
と表明した内容を国が「理解が得られた」としています。
この件に兵庫県知事は声明について「再稼働の適否を述べたものではない」と説明しています。
また現時点で踏み切るということは、国会事故調査委員会の報告を待たず、事故の反省が生かされないまま暫定の安全基準で再稼働することを意味します。

政府は福井県の同意を待って正式に再稼働を決めるとしています。
福井県知事と福井県の安全専門委員会へ私達の意思表示を送りましょう。

5月31日各新聞社

 

※補足

関西広域連合の再稼働容認への転換の裏には、
「政府が大飯原発の再稼働に向けて押し切ろうとしている」ことが背景にあったとの報道があります。

あらためて、市民、国民が意思表示をする場「原発市民投票」「原発国民投票」が必要です。

ぜひ、原発国民投票の実現へ是非署名をお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!