ホーム>脱原発への道>福井県、安全委利用し駆け引き

原発事故の現状福井県、安全委利用し駆け引き

2012年6月14日

 

福井県・大飯原発3,4号機お再稼働問題で、「安全対策は確保されている」との同県原子力安全専門委員の結論は、5月下旬には報告書案が固まっていた。

しかし、「西川知事には、『政府の動きを見てから委員会審議を動かしたい』という考えがあった。」と関係者が明かした。県関係者らは、県の手続きを止めることで、再稼働を急ぐ政府を追い詰める狙いがあったとみる。

「原発の意義について国民の理解を得る努力」を政府に要望し、安全性を検証する手続きを慎重に進めている形をとることで、批判を免れようとした可能性がある。(毎日新聞2012年6月14日大阪版29面)

更に重要なことは、「独立的、専門的な立場から、技術的な評価・検討を行い助言」するはずの原子力安全専門委員の独立性・専門性が損なわれていることが問題です。報告書の真偽も疑わしく思える。今後、国の原子力規制庁の設置が進められるが、政治に左右されない独立性、専門性が求められます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!