ホーム>脱原発への道>市民の意見募集中!パブリックコメントを送ろう(8月12日まで)

脱原発への道市民の意見募集中!パブリックコメントを送ろう(8月12日まで)

2012年7月17日

「エネルギーの未来」について、日本政府から市民への
意見募集(パブリックコメント)が行われています。

 

政府の「エネルギー環境会議」は、以下の3つのシナリオを選択肢としました。

2030年段階の全電源に占める原発の比率について、

①0%  ②15%  ③20~25%

下記サイトで選択肢と意見を記入しましょう;

https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html

3つのシナリオとは…

脱原発案は①だけです。
②15%、③20~25%の2つのシナリオは、脱原発ではなく、残っている原発をフル稼働させたり、あたらしく増設するという案となります。

「2030年ではなく今すぐゼロに!」と考える方も多いと思いますが、その場合も、
「①ゼロシナリオ」を選択した上で、理由の欄に自由に意見を書くようにしましょう。

意見の送付先『8月12日(日)18時』必着:

 ●HP入力の場合 https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html
 ●FAXの場合 03-6368-9460
 ●郵送の場合 〒100-8779 東京都中央区銀座8丁目20-26
郵便事業株式会社銀座支店留 エネルギー・環境会議事務局
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント受付係

政府は、パブリックコメントを募集するほか、全国11カ所で行われる意見聴取会、討論型世論調査などの「国民的議論」を経て、将来にむけたエネルギー・環境政策の大枠を決めるとしています。

このパブリックコメントは日本の未来を決める上で、とても重要です。
ドイツやイタリアが国民の声で脱原発を果たしたように、私たちも自らの声で、原発のない未来を実現させましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!