ホーム>脱原発への道>大飯原発事故時の放射能拡散について

脱原発への道大飯原発事故時の放射能拡散について

2012年4月30日

もし、大飯原発が福島第一原発と同じクラスの事故を起こした場合、放射能の拡散について環境シンクタンク「環境総合研究所」が公表しています。

大飯原発事故時のシュミレーションはこちら

国のシステム「SPEEDI」での大飯原発事故時の予測シュミレーションを滋賀県(大飯原発から30キロ圏)が文部科学省に請求したが、様々な理由で公表されていない。このため、滋賀県はSPEEDIの情報が得られないまま、防災計画の改定を行っている。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!




≪ 前の記事
敦賀原発と破砕帯