ホーム>脱原発への道>原子力規制委員会のパブコメに意思表示しよう

あなたにできること原子力規制委員会のパブコメに意思表示しよう

2013年5月 7日

 

 

現在、原子力規制委員会からパブリックコメントがでています。
 
これからの原子力行政に関わる重要なパブコメですが、
対象となる法令だけで27、
参考資料だけで3000ページ以上もあるという巨大なパブコメです。
 
しかし、意思表示はとても重要です。
次のようなポイントで意思表示をしましょう。
 
●とにかく、意思表示をしましょう。
短くてもいいので必ず意思表示をしてください。たくさんの声が一番重要です。
 
・防潮堤や免震重要棟などの必要な施設なしに稼働はできないようにしてください。
・原子炉水位計、逃し安全弁の設置なしに稼働できないようにしてください。
・一つの原因で多くの機器やシステムが同時に破損した場合の想定を必ず入れるようにしてください。
・地震・津波・テロなどの外部事象での事故想定(事故シーケンス)を必ずするようにしてください。
・「対策ができる予定」という原子炉の再稼働の認可は絶対にやめてください。
・南海トラフの連動地震(1000ガル以上)を必ず想定に入れてください。
・住民や被災者からのヒアリングを実施してください
・聞き置くだけのパブリック・コメントではなく、しっかりと検討し必ず反映してください
・再稼働より先に福島第一原発の事故処理を終わらせてください。
・法令の用語で3000ページに及ぶ資料を付けず、わかり易い言葉で説明してください。
 
●送付先
 パブコメ提出は、5月10日までです。
 
○インターネット上で提出する場合は、
パブコメのサイトの一番下のボタンをクリックしたページのフォームから送付ください ⇒ パブコメのサイト
 
○郵送・ファックスで提出する場合はこちら
書式をダウンロードして
 
住所:〒106-8450
東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル
原子力規制庁 技術基盤課 パブコメ担当宛て
FAX:03-5114-2178
 
 
●次のサイトも参考に
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!